卓球の始め方

卓球を始めたいときに必要な卓球道具

卓球の始め方

 

 

卓球を習い始めたいな、卓球道具は何を揃えれば良いんだろう、と思ってる方々に卓球を始めるときに何が必要か挙げていきます。

 

ラケット

 

まずは選手の命と言っても良いラケット。卓球でいうラケットは木材でできていて、表面と裏面にゴムでできたラバーを貼り合わせているものです。

 

おもちゃや遊びで使うラケットは初めからラバーが貼ってあるものが売られていますが、習い始めるならラケットとラバーは別々に購入して貼り合わせて使うほうが良いです。その場合ラバーを貼る接着剤や塗るためのスポンジ、ラバーを切るハサミも必要になります。

 

ラケットは2種類あり、握手するように握る「シェークハンド」と、ペンを持つように握る「ペンホルダー」があります。

 

ラケットは3000円~50000円程のものがありますが、初心者の方が使うなら5000円~7000円ぐらいのラケットが良いと思います。

 

高いラケットは特殊素材を使っていてすごくボールが弾み性能が高いです。その分ボールをコントロールしにくくなります。だいたい5000円~7000円のラケットは特殊素材を使っていないものが多く、弾む性能は落ちますがその分自分でボールを打つ感覚がつきます。

 

私が初めて使ったラケットは特殊素材が入っていないあまり弾まないラケットでした。ボールをしっかり打たないと入らないので打つという感覚を身につけられました。

 

弾まないのでコントロールもしやすくただボールが飛んでいくというより、自分で狙って打てたということを覚えています。

 

みなさんも自分でしっかり打つという感覚がつけられるラケットを選んでください。

 

 

シェイクハンドラケット

 

現在最も使用者が多いラケットです。両面にラバーが貼られているので両面で打ち返すことができます。

 

私もシェイクハンドラケットを使っています。トップ選手もこの持ち方が多いので試合を見て技術の研究をしています。

 

近年の卓球は両ハンドで速いラリーが特徴なので個人的にはシェイクハンドを選んだ方が良いです。昔はフォアハンドで攻めることが主流でしたが、今はバックハンドで攻めることも多いです。

 

両ハンドで攻撃できる現代卓球をするならシェイクハンド一択です。

 

 

ペンホルダーラケット

 

手首の可動域が広いので細かい技がやりやすかったり、回転をかけて変化を出しやすいです。片面にしかラバーを貼らないものや両面にラバーを貼るものがあります。

 

ペンホルダーは使っている人がシェイクハンドに比べてかなり少なくなっています。ですがペンホルダーの選手はサーブや台上など細かい技術がとてもうまいので手先が器用な人には相性が良いのでおすすめです。

 

ラバー

 

ラケットにラバーを貼り合わせて卓球のラケットが完成します。ラバーは表面と裏面に貼るので2枚必要になります。その時に両面同じ色だとダメな決まりがあるので、必ず裏表違う色にしてください。

 

ラケットと同様ラバーも高性能すぎると弾みが良くボールをコントロールできないので、しっかり自分で打つ感覚がつくラバーを選んでください。

 

ラバーはだいたい2000円~16000円程のものがあります。初心者の方が使うなら1枚2000円~4000円くらいのラバーが良いです。柔らかくてコントロールしやすいものを選んで、打球感覚を身につけてください。

 

私が一番初めに使っていたラバーは裏ラバーの柔らかさは中間のものを使っていました。コーチにもまず自分で打つ感覚が大切だと言われてきました。

 

ラバーの性能は年々高くなっていますが、技術が間に合っていないとラバーを使いこなすことができません。自分に合ったラバーを使いましょう。

 

裏ソフトラバー

表面が平坦でボールに回転をかけやすいです。初心者の方にはまずは裏ソフトラバーが使いやすいと思います。

 

両面裏ソフトラバーを貼っている有名選手は、石川佳純選手や平野美宇選手です。

 

私はフォア側に裏ラバーを使っています。習い始めた頃も裏ラバーでしたし、周りも裏ラバーから始める子が多かったです。

 

色々な回転をかけることができるのでとても楽しいです。

 

表ソフトラバー

 

表面には小さい粒があり、速いボールを放つことができます。相手のボールの回転の影響を受けにくいですが、自分から回転をかけるのは難しいです。

 

バック面に表ソフトラバーを貼っている有名選手は、伊藤美誠選手や元日本代表の福原愛選手です。

 

私もバック面にこのラバーを使っています。プレースタイルが前陣速攻といって速い卓球なので相性が良かったです。

 

速さに変化もつけることができるので相手のミスやチャンスボールを作ることが得意です。

 

粒高ラバー

 

表ソフトラバーより表面にある粒の高さが高く、回転の影響を受けにくいラバーです。また、相手のボールの回転の逆の回転で打ち返すことができます。守備型のカットマンの選手がよく使っています。

 

攻撃型で粒高ラバーを使っている選手と試合をするとすごくやりづらかったです。粘り強い方や守備が得意な人には相性が良いのでおすすめです。

 

 

アンチスピンラバー

 

ボールに回転をかけることができないラバーです。特殊加工されているのでシートの表面はつるつるです。

 

アンチラバーとやったとき、自分が打ったボールの返球の回転が分からなくなることがありました。あまり使っている人は見かけないですが、相手を惑わすことができるラバーです。

 

シューズ

 

シューズは卓球シューズを選んでください。卓球は俊敏性が必要で頻繁に動くスポーツなので、他のスポーツシューズと比べて軽量です。またグリップ力があり滑りにくくなっています。

 

足の大きさと横幅も確認してください。ぴったりすぎると足に痛みを感じ怪我をしてしまうので、試着して購入することが良いと思います。試着する際は卓球ソックスを履いて試着してください。卓球ソックスは厚地になっていて足を守ってくれます。

 

普通の靴下で練習したことがありますが、穴はあきますし何より足がすごく痛くなってしまったので卓球ソックスも購入しましょう。

 

 

道具の選び方

 

道具は卓球専門のお店で買った方が良いです。特に初心者の方や初めて使う商品は直接商品を見て確認したり試すことが大切です。私もネットの情報や人から聞いた情報で初めて使う商品を買ったことがありますが、思っていたのと違うなという経験がありました。

 

卓球専門店だとお店の人も卓球のことに詳しいので疑問に思ったことにも答えてくれますし、自分に合う道具を見つけてくれます。店員さんによく相談しますが、これが私に合うんじゃないかと何種類か選んできてくれてその中からいつも選んでいました。

 

種類も豊富で置いてある商品もたくさんあるので自分に合う道具を見つけてください。

 

 

終わりに

 

以上3点が卓球を習い始めるときに必要なものになります。ボールや台は卓球スクールや教室にあるので個人では必要ないです。

 

ラバーを貼る接着剤やスポンジなどの備品もスポーツ用品店や卓球専門店に必ず置いてあるので忘れずに購入してくださいね。もし自分で貼れないという方は卓球スクールや教室の先生に頼んだら貼ってくれると思います。

 

練習用にお気に入りの卓球のウェアを購入して気分を上げて練習するのも良いですね。

初心者から上級者まで学べる卓球情報

コメント

タイトルとURLをコピーしました