初心者の練習

自宅でできる初心者向けの練習

初心者の練習

 

卓球を習い始めて早く上達したいなと思いますよね。私もボールをしっかり打てるようになりたい、ラリーを続けられるようになりたいなと最初の頃思っていました。

 

今回は習い始めたばかりの方に、自宅でできる練習方法を紹介します。

 

ボールつき

 

ラケットの上でボールを玉つきするのは簡単そうに見えて初めてやる方にとっては難しいです。角度や力加減がとても重要で、ラケットの角度が斜めに向いていたら斜めにボールが飛んでいくし、力が入りすぎるとボールが飛んでいってしまいます。

 

ボールつきはボールのタッチと感覚を掴むのには最適な練習です。

 

私が習い始めたのは小学3年生の頃でしたが、ウォーミングアップの時間にボールつきをしていました。応用でボールをつきながら歩いたり、みんなでリレー方式で競争もしました。

 

家に帰っても一人でひたすらボールつきをしていた記憶もあります。ボールの感覚だけではなく集中力も身に付きます。

 

ボールつきも何種類かあるので紹介します。

 

フォア面でボールつき

 

 

ボールつきの基本ですね。まずフォア面で何回もボールがつけるようにしましょう。

 

力を入れすぎたり思いっきり打ってしまうとボールが変なところに飛んでいくので、力を抜いて優しくボールをつきましょう。

 

ボールのトスが低いとボールが落ちてくるスピードも速いので難しいなと感じる方は、顔や頭の高さにトスをあげてやるとやりやすくなります。一定の高さで続けることも大事です。

 

同じ場所でボールがつけるようになると打つ感覚がついてくるので、なるべく足を動かさないでその場で打てるように、そしてラケットの真ん中で常にボールをつくのを意識してやりましょう。

 

バック面でボールつき

 

 

フォア面ができたら次はバック面でやりましょう。フォアとバックでは感覚が全然違うので難しいです。

 

バック面は角度が平行になるのを意識してください。バック面は角度調整が重要です。

 

自分から遠いところで打つとコントロールしづらいのでなるべる自分に近いところでした方が安定してやることができます。

 

フォア面・バック面交互にボールつき

 

フォア面バック面ができたら交互にボールつきをしてみましょう。一気にレベルが上がります。

 

ラケットを裏返して打つので角度調整が難しいです。変なところに飛んでいかないように角度と力加減に注意してやってください。

 

一定のリズムと一定の高さがポイントです。

 

フォア面→ラケット側面→バック面の繰り返し

 

 

最後にラケットの側面を使ってボールつきをします。これはボールつきのなかでもかなり上級です。私もできるようになるまでたくさん練習をしました。

 

ラケットの側面はとにかく真ん中に当たらないと変なところに飛んでいってしますので、真ん中に当てるのを集中してください。

 

私のラケットみたいに側面にサイドテープが貼ってあると弾みにくい場合もありますし、貼っていないと木で打つので飛んだりするので、力加減も気を付けてください。

 

 

素振り

 

素振りは初心者だけではなくトッププレイヤーでもやっています。とくに試合前にイメージトレーニングで素振りをしている選手をよく見ます。

 

始めたばかりの頃は鏡を見て素振りをしていました。正しいフォームを身につけ、フォームの土台を作るためにひたすらしていました。

 

正しくないフォームでボールを打つとボールに威力が出なかったり、体に負担がかかって怪我につながる可能性もあります。鏡を見て確認しながら素振りをすると良いです。

 

また素振りと実際に打つのでは全然違うので、素振りをしているときに実際に打っているのをイメージしながらやると良いです。

 

反復横跳び

 

学生の頃誰しもやったことがある反復横跳びが卓球にはとても重要になります。反復横跳びはフットワークの足の動かし方です。

 

卓球はコートが小さくてあまり動かないだろうと思われがちですが、常に細かく動いていますし手だけでボールを打つとミスが出ます。

 

フットワークのポイントを紹介するので、反復横跳びに取り入れて練習してみてください。

 

足幅

 

卓球の構えはだいたい肩幅より少し広めの足幅です。それに合わせて反復横跳びをするとフットワークのサイドステップのコツが掴めます。

 

足全体に重心をかけると動きが遅くなるので、少し前傾姿勢でつま先に重心をのせて動くと良いです。

 

目線

 

足を動かしているときはなるべく目線が上下しないようにしてください。目線が上下してしまうとボールとの距離感が毎回変わってしまうのと、上下の動きが加わるとその分フットワークにも遅れがでてしまいます。

 

卓球は相手のボールが返ってくるのに0.4秒しかないので、無駄な動きはなるべくしないように気をつけましょう。

 

最後に

 

遊び感覚でできるものを紹介したので、一人でやるのはつまらないなという方はお友達とゲーム形式にやるのも楽しくできそうです。

 

空いている時間や今日は卓球に行けないという日でも自宅で練習できる内容なので是非試してみてください。

 

初心者から上級者まで学べる卓球情報

コメント

タイトルとURLをコピーしました