応用練習

サーブで得点が取れるようになる練習

応用練習

 

攻撃の第1球目といわれるサーブ。サーブで点数をとれるとすごく試合が楽になります。サーブだけ唯一自分が思い通りにできる攻撃です。

 

相手に分かりにくく、点数が取れるサーブの出し方を紹介します。

 

フェイクモーション

 

フェイクモーションとはサーブを出したあとに動作を加えることです。そうすることによって相手を惑わしたり同じモーションなのに違う回転だと思わせることができます。

 

肘を上げる

 

下回転を出した後に肘を上げる動作をつけます。そうすることによって相手には上回転を出している風に見えます。

 

同じモーションで上回転を出すと相手は混乱します。

 

私はよく上回転を出していたので、下回転と混ぜるとだいたいは相手はひっかかってミスをしてくれます。

 

肘を上げると同時に少し後ろに引くと短いサーブが出しやすくなるので試してみてください。

 

 

下に下げる

 

サーブを出した後にラケットを下げるモーションを付けると相手にどの回転をかけたか分かりにくくできます。

 

ラケットを一旦下げるので次のボールの準備のときに下がったままにならないように注意してください。攻撃の準備が遅れてしまうことがあります。

 

サーブを出した後は構えをフラットに戻すことが大事です。そうすることによって3球目攻撃の準備もすぐできます。

 

 

ボールの深さ

短いサーブ

 

 

短いサーブは最低でも相手のコートに2バウンドするサーブを出します。そのためには自分のコートのネットの近くにボールを落とします。

 

自分のコートに近いところに落とすと台から出てしまうサーブになるので相手に打たれてしまいます。

 

短いサーブを出すことによって相手にレシーブから攻撃されませんし、3球目攻撃を狙いやすいです。前後の動きを相手にさせたいのでフォア前に出してからバックに攻撃、バック前に出してからフォアに攻撃など相手を大きく動かすとチャンスを作りやすいです。

 

私はフォア前サーブからバックに攻撃のパターンを良く練習して試合に使っていました。パターン化することによって自分の攻撃の仕方の軸ができます。

 

けどそれだけでは相手に何をサーブ出すのか、どこに3球目攻撃してくるのか予測されてしまうので、どこに出しても相手に攻撃されないサーブを練習しました。

 

短いサーブはボールを押す力が強いとその分長さも出てしまうので当たった瞬間にラケットを後ろに引くとボールを止める力が出るので短く出しやすくなります。

 

特に上回転のボールを出すときにすると相手のコートに2バウンドする上回転サーブが出せるのでとても重要です。

 

長いサーブ

 

 

長いサーブは相手のコートの白線に落とすことが理想です。そのためには自分のコートの手前の白線にボールを落とすと深くて長いサーブが出せます。

 

なかなか自分の手前に落とすのは難しいです。最初は手前にボールをぶつけることを意識してやるとやりやすいです。

 

長いサーブは回転より深さが重要です。中途半端な長さだといくら回転がかかっていても相手に攻撃する時間を与えてしまいますが、深いサーブだと距離をとって打つ時間が必要になります。

 

卓球は少しの時間でもロスすると相手に攻撃のチャンスを与えてしまうので長いサーブではそのことを狙いましょう。

 

また短いサーブが試合の大半なので、相手の構えが台に近づいてきたり試合の流れを変えたいときによく効きます。

 

私は長いサーブを出せるように手前より奥にタオルを置いてボールがそこに落ちないように練習をしていました。

 

そうすると意識が手前に落とすようになるので自然と長いサーブになります。

 

特に練習した回転は、回転のかかっていないナックルの長いサーブです。意外とナックルサーブの対応はしてきてない人が多いので試合でよく効きました。

 

ナックルサーブはラケットが動くと回転がかかってしまうので、ラケットの面を動かさずにそのまま押し込む意識で打ちます。

 

それでもかかってしまうという人は打った後にラケットを下に下げるフェイクモーションを意識してやると出しやすくなります。

 

最後に

 

私は練習の中で1番サーブにこだわりました。他の選手よりラリーやレシーブ等技術面で劣っているなと感じたからです。

 

その中でも自分の特徴を作りたい、1つでも得意な技術やほかの選手にないものを作りたいと思い練習しました。

 

なによりサーブ練習は1人でできますし練習が休みの日でも練習が終わってから自主練習で人よりも多く練習していました。

 

サーブがうまくなると3球目攻撃しやすいですし、自分がサーブを持った時は自信をもってサーブを出すことができます。

 

またシングルスだけではなくダブルスでもパートナーに3球目攻撃のチャンスを作ってあげることができます。

 

みなさんも紹介した練習方法を試して得点できるサーブを作り出してください。

初心者から上級者まで学べる卓球情報

コメント

タイトルとURLをコピーしました