応用練習

ドライブに回転がかけられるようになる練習

応用練習

 

 

下回転に対してのボールが上がらない人や、ラリー中の上回転のボールに対して安定的にドライブで返すことができない人のための練習方法を紹介していきます。

 

この練習方法は実践的ではないですが確実にボールに回転をかける感覚がつかめるようになるので是非やってほしい練習です。

 

ドライブのメリット

 

ドライブのメリットは角度打ちより安定感があります。角度打ちだと相手の回転の影響を受けやすく、その回転に合わせた角度でないとミスをします。(下回転だとネットミス、上回転だとオーバーミス)

 

また直線的なボールの軌道のためボールを相手の台に落とせる範囲も狭くなります。

 

ドライブは回転をかけると直線的な軌道ではなく弧線的な軌道です。回転をかけることによって相手のコートに落とせる範囲も広く、相手の回転によって回転のかけ方を変えればボールを入れることができます。

 

回転をかければかけるほど安定してボールを入れることができるしボールをコントロールできるのでドライブはメリットが多いです。

 

私はドライブが打てるようになってからラリー中に1本つなぐボールや攻撃的なドライブの使い分けができ得点できるようになりました。

 

また安定感が出て相手より多く返球できるようになったことで相手にミスをさせることもできるようになりました。

 

卓球は1本得点できるかできないかによって試合の流れも変わってしまうので、その1本を取れるようになったことは試合で勝てる要因のひとつになりました。

 

 

 

練習方法

 

転がしてもらったボールを打って相手のコートに入れる

 

普通はバウンドして返ってきたボールを打つので、転がしてきたボールを打つことは初めてやる人にはかなり難しいです。

 

私も初めてやったときはラケットにすら当たらなかったし、台にラケットがぶつからないか怖くて打てませんでした。

 

コツをつかむとボールに回転をかける感覚が身に付き、ボールを打つことができるので頑張りましょう。

 

やり方は、ボールを転がしてもらって台からボールが落ちる瞬間にこすり上げて打ちます。相手のコートに入れば大丈夫です。

 

 

大切なことは手首を使うことと当たる瞬間を速くすることです。

 

手首を使って打つことによって回転を更にかけることができます。当たる瞬間を速くするということはスイングスピードが速いということです。これが遅いとボールに回転をかけることができません。

 

返球はループドライブで良いです。ボールが高く返球できるほど回転がかかっているので、高く返せるようにしましょう。

 

後ろに下がった位置で打球点をかなり落としたところを打つ

 

これはラリー中の上回転ボールに対してドライブをかけられるようになる練習方法です。

 

普段打つ位置から2歩下がったくらいの場所で打ちます。ボールを打つ位置はボールの打球点が下がりきったところでドライブをかけて打ちます。

 

この時に先ほど紹介した手首を使って打つことも一緒に取り入れましょう。より回転がかけられます。返球は回転を重視したいのでループドライブです。

 

打球点が下がりきったところで打つことによって、ためてしっかり回転をかけるということが身に付きます。このときに手打ちにならないように重心を右にためて打つことを意識してください。左利きの人は左に重心をためて打ってください。

 

これができるようになったら普段の位置でドライブをかけてください。上回転のボールにドライブをかけるので、ボールの上から回転をかけるイメージで打ちましょう。

 

打点を落として打てるようになるとラリー中フォアに回されて少し遅れても、ボールをつなぐことができます。その結果ミスも減り1球多く返すことで相手のミスを誘ったり次のチャンスボールを狙うことができます。

 

特に全面対全面の練習や試合でできるようになるので実践的に使える練習です。

 

 

 

最後に

 

 

私のプレースタイルは前陣速攻で前でスマッシュが多いです。スマッシュだと相手のボールに変化があると影響を受けやすくミスも多かったです。

 

どうしてドライブをしなかったのかというと、したくてもできなかったからです。回転のかけ方が分からず、かけようと思えば思うほどミスをしていました。

 

この練習をしてからボールに回転をかけられるようになり、安定感のあるボールが打てるようになりました。ドライブができることによって難しいボールはドライブでつないでチャンスボールはスマッシュで打つという戦術の幅も増えました。

 

1回感覚とコツをつかめばずっとできるようになります。できるようになったけど最近回転量が足りないなと感じたらこの練習をして感覚を取り戻してください。

 

トッププレイヤーは必ずと言っていいほどこの練習をしています。すごく上達するのでみなさんも是非やってみてください。

 

 

 

 

 

 

初心者から上級者まで学べる卓球情報

コメント

タイトルとURLをコピーしました