応用練習

攻撃的なストップレシーブができるようになる練習

応用練習

 

 

試合の時、ほとんど相手は短いサーブを出してきます。入れるだけのレシーブや甘く返してしまうと相手に3球目攻撃されてしまいます。

 

攻撃的でしっかり自分のボールにしてレシーブができると相手に強く打たれません。そしてレシーブから4球目攻撃で自分の得点につなげることができます。

 

今回はレシーブの中でもよく使うストップレシーブの練習を紹介していきます。

 

ストップレシーブの基本

体の近くで打つ

 

ボールと体が離れていると距離感が掴めないのとボールに自分の力が伝わりません。腕も伸びきっているとボールをコントロールできません。

 

前傾姿勢でボールに近づきます。顔も近づけてください。腕は肘と体にこぶしひとつ分が入るくらいまで近づけて打ってください。

 

これを意識することで自分でしっかりとボールを打つことができます。

 

足はボールの位置のところまで動く

 

体だけ前にいって台上を取ろうとすると確実にミスをします。ボールがくる位置まで足を前に出してください。

 

フォア前に出されたときは右足は向きはまっすぐではなく少し外側を向くように出しましょう。左利きの人は左足を少し外側に向けて前に出しましょう。

 

そうすることによって体の懐ができボールを吸収できるスペースができます。そして自分のボールで打つということができます。

 

 

目線を変えずに動く

 

目線を変えてしまうとボールがぶれてしまい距離感もぶれてしまいます。

 

目線が変わるということは上下運動をしているということなので、上下運動するということはボールが来るまでに無駄な時間と動きをしていることになります。

 

卓球は瞬時の判断と対応が必要です。無駄な動きをなくしてスムーズに動けるようにしましょう。

 

 

 

攻撃的なストップレシーブ

自分のボールで打つ

 

ただ入れるだけのレシーブになってしまうと相手に3球目攻撃されてしまいます。自分のボールで打つということは、自分でも回転をかけて打つということです。

 

そうすることによって相手に強打されづらいレシーブになり、レシーブでチャンスを作って4球目攻撃ができます。

 

 

なかなかレシーブでチャンスを作ることは難しいですが、これができるようになると圧倒的に試合で勝てるようになります。

 

 

台上で止める

 

ストップをしても台から出てしまうと相手に打たれてしまいます。

 

台上で止めることで相手に打たせずに自分に次のボールが攻撃できるチャンスがきます。最低でも3バウンド、もっとできるようであれば台上で止まったり、戻ってくるボールを打てるようになると良いです。

 

 

練習方法とコツ

上回転のボールを台上に出してもらう

 

多球練習で台上に上回転のボールを出してもらいます。上回転のボールをストップすることでボールを「切る」という感覚がつきます。

 

この感覚がつくと、相手の下回転のボールに対して自分も下回転を更にかけることでき相手に強打されないレシーブができるようになります。

 

最初から力が入っていると自分のボールで打つことができないので、腕と手先の力を抜いた状態で台上に足を動かし、グリップをギュっと握る感じで打ってください。

 

打球点はついて上がってすぐのところ

 

打球点は頂点から下がると回転が強くなります。ボールがついて少し上がったところをとらえるようにしましょう。速すぎるとネットミスをしてしまうので気を付けてください。

 

「タン・タ・タン」のリズムで

 

これはインカレ優勝経験のある方に教えてもらいました。なかなかタイミングよくレシーブできなかったのですが、このリズムを教えてもらってからうまくできるようになりました。

 

最初の「タン」で体をボールに近づけるように足を動かす。次の「タ」で打つ準備をする。最後の「タン」でボールを打つ。

 

このリズムはストップをするときにすごく自分の中で分かりやすかったので是非皆さんも試してみてください。

 

最後に

 

私は台上のストップレシーブがすごく苦手でした。特にフォア前がすごく嫌だったので試合でも相手によく狙われていました。

 

この練習をしてレシーブは入れるだけではなく自分のボールにして返すことが大切なのが分かりました。

 

自分のボールにしてレシーブを返せるようになってからは相手に先手を打たれずに4球目自分で攻撃する機会が増えたのと、レシーブのミスが減りました。

 

最初は切る感覚を掴むのには時間がかかると思いますが、何回も練習をしたら必ず身に付きます。皆さんもこの練習をしてレシーブから自分の得点につなげられるようにしましょう。

 

初心者から上級者まで学べる卓球情報

コメント

タイトルとURLをコピーしました