応用練習

どんなボールでも対応できるようになるフットワーク練習

応用練習

 

今回は基本の左右のフットワーク練習ではなく前後や前後左右組み合わせたフットワーク、移動距離が大きいフットワーク練習を紹介していきます。

 

試合になるといろいろなボールが返ってきます。そして初めて対戦する相手だとどんなボールが返ってくるか分からないですよね。

 

練習では一定のボールが返ってくることが多いですが、試合では絶対にそんなことはありません。

 

浅いボールや深いボール、浮いたボール、低いボールなど毎回違うボールが返ってきます。それに対応するためには前後のフットワークが大切になってきます。

 

ボールに対して常に自分が打ちやすい位置まで動けることが良いです。足が動かずに手だけで打とうとするとどうしてもミスが出てしまいます。

 

ミスが出ると相手にそこを狙われますよね。そうさせないように、どこにボールが来ても対応できるように前後左右のフットワークを身につけましょう。

 

 

前後のフットワーク

 

まずは1コースで前後に動きましょう。いつも打っている場所で打った後に後ろに下がって打っての繰り返しです。

 

今から説明するのは右利きのフォアハンドです。左利きの選手は逆の動きなので注意してください。

 

後ろ下がるときは左足→右足の順に動かします。右足がついた瞬間に重心も右側に移動してください。ボールを打つときに重心が右から左に移動したときに前に足を動きます。

 

 

 

 

前出るときは右足→左足の順に動かします。前に出るときは右足に重心移動しながら動いてください。重心移動してボールを打って重心が左になったらまた後ろに下がってください。

 

 

 

バックハンドも動き方は同じですが重心移動がフォアと逆になります。

 

最初はすごくゆっくりで良いのでしっかり足の動きを身につけましょう。多球練習でやるのをおすすめします。

 

 

前後左右のフットワーク

 

前後のフットワークができるようになったら、それに左右のフットワークも混ぜてやってみましょう。動く範囲がとても多くなるのでとてもきつい練習になります。

 

ボールはフォア側2本バック側2本で球出しをしてもらってください。これも右利きをイメージして書いているので左利きの選手は動きが逆になるので気を付けてください。

 

まずフォアで前後のフットワークをして2本目を後ろで打った後にバック側に移動しますが、右足→左足の順に動かして斜め前に移動してください。

 

 

 

 

 

 

バック側で前後のフットワークをして2本目を後ろで打った後にフォア側に移動しますが、左足→右足の順に動かして斜め前に移動します。

 

 

 

 

 

 

これの繰り返しになります。移動するときに重心移動もするのでそれにも気を付けてやってください。

 

バック側はバックで打っても良いですが、もっと自分に負荷をかけたい人や試合でも回り込みをよく使う人はフォアで打っても良いです。

 

フォアから回り込みのフットワーク

 

フォアとバック側に1本1本ボールを回してもらいます。バック側に来たボールは回り込んで打ちます。

 

このときにバック側からフォアに移動するときは飛びつきといって左足を大きくクロスして動くことをしますがフォアから回り込むときもこの動きをします。

 

 

 

フォアから回り込むときは右利きの人は右足を左側に大きくクロスして動きます。なかなかこの動きは使うことがないので最初はうまくできません。私も最初はできませんでした。

 

 

ラリーですぐミスしてしまう方は多球練習でも良いです。その方がミスをしても関係なしにボールが来るので連続でフットワークの練習ができます。もちろん多球練習の方が何分間も動き続けるのできついです。

 

このフットワークができるようになると両足をしっかり動かしてフットワークができるようになります。あまりフットワークが得意でない人は片足だけ動いてもう片方の足はあまり動いていない人なのでそれを解消することができます。

 

私も足が片方あまり動かない人でした。そうすると左右に大きく動かされたときに対応できなくボールが取れないことが多かったです。とくにバックからフォアに動かされたときにノータッチでボールが抜けることがありました。

 

この練習をすると両足がしっかり動くようになったのでまずノータッチはなくなり、大きく動かされたときも対応できるようになりました。

 

またバック側にチャンスボールがきたときに回り込んで決定打を打てるようになったので安定して得点を決められました。

 

フットワークがうまくできない人はこの練習をすると両足をしっかり使って動けるようになります。

 

 

 

最後に

 

これは高校時代によくやっていた練習方法です。基本の左右のフットワークとは違って普段動かない動きや大きく動くので、とてもしんどいです。足の裏に水膨れができたり翌日筋肉痛によくなりました。

 

しんどいけれどこの練習方法を取り入れてから試合でよく動けるようになりました。高校3年生の時のインターハイでは個人戦ベスト16に入りましたが、その時の試合は特にこのフットワークが活かされたなと感じました。

 

試合を見ていた監督も、あんなふうに動けるようになって驚いたと言われました。私も試合のビデオを見たときに、すごく動いていて自分でも驚きました。

 

練習で体に叩き込ませると試合でも自然にできるようになります。皆さんも是非やってみてください。

初心者から上級者まで学べる卓球情報

コメント

タイトルとURLをコピーしました