飯能市男女3人殺害事件

斎藤淳自宅は被害者宅と近所「恨み強くハンマーで殴り続ける」飯能市男女3人殺害事件

飯能市男女3人殺害事件

 

 

埼玉県飯能市の住宅でこの家に住む60代の夫婦と自宅に帰省していた娘とみられる男女3人がハンマーのようなもので殴られ死亡した事件があり、近所に住む斎藤淳(40)容疑者が殺人容疑で逮捕されました。

 

斎藤じゅん容疑者の自宅や被害者宅との距離、犯行動機を調査しました。

 

 

斎藤淳容疑者「自宅特定」

 

被害者宅の近所住んでいるということで斎藤淳容疑者の自宅はどこか調べました。

 

 

ニュースによると斎藤淳容疑者の自宅は被害者宅と50メートルしか離れていないことが分かりました。

 

 

写真から見ると斎藤じゅん容疑者の住所は、〒357-0041 埼玉県飯能市美杉台4-13-20です。

 

住宅街から家族と同居が考えられましたが、斎藤じゅん容疑者は現在一人暮らしの模様。詳しい情報が入り次第追記します。

 

<追記>斎藤淳容疑者「自宅の様子」

 

ニュースで斎藤淳容疑者の自宅の様子が明らかになってきました。

 

 

斎藤淳容疑者の自宅が上空から撮影したものが写っていますが、一人暮らしにしてはとても大きい家に見えます。

 

 

Google mapで斎藤じゅん容疑者の自宅を検索しましたが、斎藤淳容疑者の自宅だけぼかしが入っていました。

 

全く手入れのされていない自宅で無法地帯になっていたのでしょうか。ニュースの取材に応じた住人は、この家に人が住んでいること自体に驚いていました。

 

 

斎藤淳容疑者「犯行動機」

 

斎藤淳容疑者の犯行動機はまだ報道されていませんが強い恨みを持っていた可能性があります。

 

  1. 早朝7時の犯行
  2. 1年前に斎藤淳容疑者が被害者の車を傷つけ「器物損壊罪」で逮捕
  3. 被害者宅の娘が帰省したタイミングでの犯行

 

1.早朝7時に被害者宅に侵入しハンマーで殴り続けた斎藤淳容疑者。近所から多数警察に通報があったと報道されていましたが、近所の人が見ていても気にせずに犯行し警察が身元の特定に時間がかかるほど殴り続けたことからよっぽど恨みがあったのではないかと思われます。

 

 

2.1年前に斎藤じゅん容疑者が被害者の車を傷つけ「器物破損罪」で逮捕されています。その後不起訴となっていますが、その時の斎藤淳容疑者の逆恨みではないかと言われています。

 

3.普段被害者宅に住んでいない被害者宅の娘が帰省してきたタイミングでの犯行は計画的犯行ではないかと思われます。被害者夫婦が60代であれば娘は20代後半~30代ではないでしょうか。

 

斎藤淳容疑者と被害者宅の娘との関係性は出ていませんが、男女交際のトラブル、もしくは斎藤じゅん容疑者の一方的な恋愛感情があったのかもしれません。

 

 

現在の斎藤淳容疑者の供述は「何も話したくありません」と犯行動機を明らかにしていません。

 

 

<追記>斎藤淳容疑者「犯行内容」

 

犯行内容はハンマーのような鈍器で殴っていたと当初の目撃証言がありましたが、犯行内容も明らかになってきました。

 

長いハンマーで畑を耕すように殴っていた
斎藤容疑者は被害者を長いハンマーで畑を耕すように殴っていたことが分かりました。被害者は損傷が激しく身元の特定にも時間がかかるほど。被害者の死因は鈍器に殴られたことによって「頸椎損傷」と警察が発表しました。
斎藤容疑者の自宅から複数の鈍器のようなものを押収
犯行時に使われた長いハンマーだけではなく複数の鈍器を所持していた斎藤容疑者。用意周到のようで犯行は突発的なものではなく計画的に行われたと思われます。
犯行と同時に火災も発生していましたがまた情報が入り次第追記します。

 

 

 

<追記>斎藤淳容疑者「犯行後の行動」

 

ニュースの取材で斎藤淳容疑者の犯行後の行動が分かりました。

 

 

急ぐことなく平然とその場を立ち去る

 

斎藤淳容疑者は犯行後急ぐことなく平然とその場を立ち去り自宅に戻ったことが報道で分かりました。

 

 何も言わずに無言で走るわけでもなく興奮している様子は全くなかったですね
興奮せずに冷静でいたということは異常な精神状態です。

 

<追記>斎藤淳容疑者「経歴と意外な過去」

 

斎藤淳容疑者の経歴や意外な過去が明らかになってきました。

 

「小学校ではサッカーをやっていたことを覚えています。活発でかっこよく、運動もできるからアイドル的な存在でしたよ。ただ、小学生のころからこだわりが強い男の子という印象です。中学は県内の私立に入学したはずですが、中退して中3の数カ月だけ地元の公立中で過ごしています。でも、ほとんど登校していなかったそうです。その後は地元の私立高校に進学したと思います」(同級生の母親)

引用:文春オンライン

 

斎藤容疑者は7歳の頃から飯能市美杉台の自宅に住んでいました。小学校の情報は分かりませんでしたが、小学生の頃の斎藤淳容疑者はサッカー少年のイケメンでアイドル的存在だったと言われています。

 

中学校は埼玉県内の私立中学校に通っていたことが判明しました。しかし中学校は中退しましたが高校も私立高校に進学しています。

 

 

学生の頃とみられる斎藤じゅん容疑者の写真が公開されていました。さわやかでイケメンな斎藤淳容疑者。現在の斎藤容疑者とは別人のように見えます。

 

その後は関西にある芸術大学を卒業後、社会人になって映画監督を目指していたことが報道されました。

 

埼玉県飯能市で3人が殺害された事件で、殺人未遂容疑で逮捕された斎藤淳容疑者(40)は映画製作に取り組んでいたことがあった。15年ほど前、大阪市であった新人育成のための映画祭でディレクターを務めていた映画監督の男性は、斎藤容疑者が「その映画祭で助成対象に選ばれた監督だった」と振り返る。

男性によると、斎藤容疑者が手がけたのは、HIVの感染者を主人公にした「ギフト」と題する作品だった。だが、撮影終了後の編集中に斎藤容疑者は音信不通になり、映画は完成しなかったという。男性は話し合いのために斎藤容疑者を飯能の自宅に2度訪ねた。親の持ち家に1人で住んでいると聞き「印象は穏やかだった」という。事件を受けて「15年も前のことで記憶もあいまいだが、びっくりした」と驚きを隠さなかった。

引用:毎日新聞

 

 

2007年、彼は若き映画監督で、編集中に突然、周りと連絡を絶った。2回、この白い家まで説得に行ったのが最後やけど、顔も全然変わってない。あの作品でつまずいてから、あのまま15年も引きこもってたんやろか。未完の映画『ギフト』はまだパソコンに残ってるんやろか。なんか分かるし、つらいな。

 

斎藤容疑者はHIVの感染者を主人公にした映画を製作していましたが、途中で辞めてしまったか挫折したのか映画は完成することはなかった模様。その後15年引きこもり生活をしていたとみられる斎藤淳容疑者。

 

 

その頃の斎藤じゅん容疑者は穏やかな印象だったというので映画製作の挫折によって人生が変わったのでしょうか。

 

 

 

 

<追記>斎藤淳容疑者「家族」

 

斎藤じゅん容疑者の家族について調べると複雑な家庭環境だったことが分かりました。

 

斎藤さんのお家は元々は、ご両親とお姉さんと彼の4人家族でしたが、ご両親が離婚してお父さんが家を出て行ったんです。その後、お母さんもどこか別のところで暮らすようになり、姉弟の2人で住んでいました。そのうち、今度はお姉さんが出て行き、斎藤さんは一人暮らしでした。あまり出歩くこともなく、深夜でも部屋の明かりが煌々と灯っていましたね」

引用:文春オンライン

 

斎藤容疑者は4人家族でしたが両親が離婚し父が家を出た後に母親も家を出る。お姉さんと2人暮らしだったがその後お姉さんも家を出て斎藤淳容疑者だけがあの家に残ることに。

 

両親の離婚は子供にとても影響を与えます。それに加え父親が家を出た後母親も家を出て行ったということはどういったことなのか。

 

斎藤淳容疑者の父親がニュースゼロの取材にこう回答していました。

 

事件を知って正直に申し上げますとめまいがして悪夢を見ているようでした。本当にとんでもないこと。
(記者:最後に会ったのは?)22~23年前。子供の頃は本当に友達思いだったんですが。母親と姉は家から出ていきました。理由は(斎藤容疑者が)乱暴なことを言うということは聞きました。
父親と最後にあったのは22~23年前ということで斎藤淳容疑者が17.18歳の頃です。その頃に離婚したのかそれ以前かは詳しくはわかりませんが、斎藤容疑者にとって家族がバラバラになったことは何かしら今回の事件に影響を及ぼしたと考えられます。

 

 

<追記>斎藤容疑者「過去の逮捕と被害届6回」

 

 

斎藤じゅん容疑者は過去に被害者家族の所持する車を傷つけたとして「器物破損罪」で逮捕されています。新しく入った情報によると、被害者は6回も警察に被害届を出していました。

 

斎藤淳容疑者が執拗に被害者家族に嫌がらせをしていたことが分かりました。

 

 

 

斎藤淳容疑者「飯能市男女3人殺害事件概要」

 

埼玉県飯能市の住宅で3人が殺害された事件で、埼玉県警は先ほど、現場近くに住む40歳の男を殺人未遂容疑で逮捕した。

25日朝、飯能市美杉台の住宅で男女3人が殺害されているのが見つかった。この家に住む夫婦と娘とみられている。その後の捜査で、埼玉県警は現場近くに住む斎藤淳容疑者(40)を殺人未遂容疑で逮捕した。

午前7時すぎ、飯能市美杉台で「庭先で男性が殴られて倒れている」と「何か口論している声が聞こえる」など、近所の住民から多数の110番通報があった。警察が駆け付けると、住宅の敷地内で男性1人と女性2人が死亡していた。この住宅の60代の夫婦と、その娘と連絡がとれておらず、死亡したのはこの3人とみられている。

警察によると、男が住宅に侵入して騒ぐような音が聞こえた後、ハンマーのような鈍器を持って逃走する姿が目撃されている。3人とも上半身などに激しい外傷があったといい、身元確認に時間がかかっている。

またこの住宅では火災も発生していて、建物の1階と2階が焼けた。捜査関係者によると、その後の捜査で、現場近くに住む斎藤容疑者の関与が浮上し、先ほど、埼玉県警が殺人未遂容疑で逮捕した。

約1年前に今回事件のあった住宅で車が傷つけられ、斎藤容疑者が器物損壊容疑で逮捕され、その後、不起訴になっていた。

引用:YAHOO!ニュース

 

斎藤淳父親が語る「ごく普通の家庭から孤独に陥った斎藤淳」

まりもっとニュース

コメント

タイトルとURLをコピーしました