事故

橋本啓吾かっこいい青年で消防士「誰からも慕われていた」福島県郡山市大平町事故

事故

 

1月2日福島県郡山市大平町の死亡事故で亡くなった一家は郡山市内在住橋本貢(はしもと みつぐ)さん41歳、橋本美和(はしもと みわ)さん39歳、橋本啓吾(はしもと けいご)さん20歳、橋本華奈(はしもと かな)さん16歳と判明しました。

 

橋本啓吾さんの顔画像と職業が消防士だということが報道されました。けいごさんはとてもかっこいい青年で父親の貢さんを尊敬し消防士になったことを紹介します。

 

橋本貢「家族思いの父親」

橋本美和「美人で愛されてた」

高橋俊「飛ばしたい病」

 

橋本啓吾さんとてもかっこいい青年だった

 

 

橋本啓吾さんの顔画像が報道されました。とても爽やかなかっこいい青年と分かる写真でした。芸能人だと新田真剣佑さんに似ています。

 

<新田真剣佑>

 

橋本けいごさんの父貢さんのフェイスブックには啓吾さんの幼いころの写真がたくさんありました。

 

 

 

 

啓吾さんは幼いころからかっこいい顔立ちをしていることが分かりました。笑った顔は20歳になってからも変わらずに爽やかです。

 

橋本啓吾さんの職場の同僚や同級生からは誰からも慕われる存在だったとインタビューで答えていました。

 

【職場の同僚】
啓吾は何事にも真面目で人付き合いもいい後輩だった。これからという時に…
【同級生】
楽しい人で、本当に人思いの人で、明るくて人気者というのもあって。凄い頼りになっていました。成人式一緒に行きたかったねって。
本当に信じられないので。何も考えられなかったですね
本来事故に遭わなければ橋本啓吾さんは1月8日に行われた「郡山市ハタチのつどい」に参加する予定でした。啓吾さんの友達も会えるのを楽しみにしていたことでしょう。可哀想仕方ありません。

橋本啓吾さんは郡山消防署勤務で父に憧れて消防士に

 

橋本啓吾さんは郡山警察署に勤務する消防士で消防係だったことが報道されました。郡山消防本部総務課は「すごく真面目で将来有望な職員だった。失った悲しみは深く、職員一同、痛恨の極みであります。安らかなご冥福をお祈りします。」とコメントしています。

 

啓吾さんの職場の先輩も「何事にも真摯に向き合う明るい性格の良い後輩でした」とインタビューで答えています。橋本啓吾さんは職場でもみんなから慕われて真面目な青年だったことが分かります。

 

 

 

橋本啓吾さんが消防士になるきっかけは消防団に入っている父親貢さんに憧れて消防士になったと言われています。父の貢さんのフェイスブックには啓吾さんが幼いころからたくさん旅行に連れて行っている様子が載せられていました。

 

 

あっ‼︎
そういえば、ハロウィンですねぇ!
( ̄^ ̄)ゞ
こんな写真にいつまで付き合ってくれるんだろう⁈
せめて、今年一杯…。(苦笑)

 

 

最終日、最後の悪あがき…‼︎
入水鍾乳洞、からの焼き肉‼︎
あぁ…、明日には、酒が身体から抜けてしまう…前に、最後の注入‼︎\(//∇//)\
実に美味い…‼︎(笑)
世間は3連休なんですよね。
っつー事で、紅葉ついでに浄土平‼︎
人一杯で疲れたけど、意外に子供達が楽しんでくれて、良かった…。( ̄Д ̄)ノ
さて、明日から、また、頑張りますか(´・Д・)」
橋本啓吾さんは家族のために一生懸命働きつつ出かけに連れて行ってくれたり消防団に入り活動している父貢さんをとても尊敬していたことが父貢さんの投稿から見ても分かります。
家族にも尽くして、消防団に入って困っている人を助ける貢さんの姿は啓吾さんにとってとても素敵に見え憧れの存在であったに違いありません。
まりもっとニュース

コメント

タイトルとURLをコピーしました